読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

スナフちゃんブログ

おもしろくわかりやすくてきとうなおはなしを心がけています

【にほん転職昔話】テンショクくんとグレー求人と時々エージェント【第2話】

 

f:id:snufchan:20170512205153p:plain

 

第1話はこちらからどうぞ↓

snufchan.hatenablog.com

 

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

【第2話 テンショク オファーの現実を知る】

 

f:id:snufchan:20170514175706p:plain

 

 

翌日の朝、テンショクは昨日よりも少しだけ明るい気分で会社へと向かっていました。
何度もスマホの画面を見てはニヤニヤしています。

 

テンショク様へ企業からオファーが届きました

 

テンショクが何度も見返していたのは、昨日届いたメールのタイトルでした。
内容の方はというと、

 

テンショク 様
初めまして。私、シャイン通信で人事担当をしております黒田と申します。
今回、テンショク様のご経歴を拝見し、是非お話を伺ってみたいと思いご連絡致しました。
まずは面談という形を取らせて頂き、フランクな情報交換を通して、お互いの理解を深められればと考えておりますがいかがでしょうか。

ご興味がありましたら、サイトの応募ボタンから当社求人へご応募いただけますと幸いでございます。
ご検討のほど宜しくお願いいたします。

 


という、とても丁寧な内容の文面でした。
突然の企業からのオファーに気を良くしたテンショクは、ニヤニヤが止まりません。

 

f:id:snufchan:20170514181618p:plain

 

「まさか登録して1日目からオファーが来るなんて、転職サイトってすごいな!この調子で一流企業からのオファーなんかがバンバン来ちゃったりしたら……」

 

自分に都合の良い妄想を浮かべてまたまたニヤつくテンショク。
そうこうしているうちに電車が会社の最寄駅に着いたので、テンショクは電車を降りて会社に向かいました。

 

f:id:snufchan:20170514181658p:plain

 

オファーの効果はものすごく、会社での仕事も気分良くこなしていくテンショク。

いつもは憂鬱なクライアントとの打ち合わせでも、担当者から「今日はなんかご機嫌ですね」と聞かれるくらいでした。

部長にも、昨日のミスをひきづらないでちゃんと仕事をこなしていることを褒められます。

 

f:id:snufchan:20170514181846p:plain

 

 

他の企業から自分が必要とされているというだけで、こんなにも自信が出て、満たされた気持ちになるなんて、オファーってすごい!

 

テンショクは初めてヤバいクスリをキメた人のようなことを言いだしました。

 

順調にその日の分の仕事を片付けていくテンショク。

仕事を終え、定時過ぎの割と早い時間に上がれたテンショクは、大学時代の友人を誘って飲みに行くことにしました。

オファーが来た嬉しい気持ちを、誰かに聞いて欲しかったのです。

 

 

f:id:snufchan:20170514182245p:plain

 

 

待ち合わせていた居酒屋に行くと、友人は先について飲み始めていました。

店員さんにオーダーした生中を待っている間、早速昨日の出来事を話し始めました。

 

今の仕事にあまり魅力を感じていないことや、自分にはもっと向いている仕事があるのかもしれないと思ったこと。

そして、何となく登録した転職サイトで、初日にも関わらず企業からオファーが届いたことなどを、ビールをグビグビ飲みながら話すのでした。

 

 

 

f:id:snufchan:20170514183252p:plain

それを聞いていた友人は、ビールを飲む手を止めて、怪訝な顔でテンショクを見ました。

 

登録初日にオファーが来るなんておかしくないか?ちょっとそのサイトを見せてくれ」

 

テンショクは、転職サイトにログインをしたスマホを、友人に渡しました。

友人は受け取ると、操作をしていくつかのページを確認していきます。

 

しばらくして、友人は一通りページを確認した後、テンショクにスマホを返しながら言いました。

 

 

「オファーと言うから、すぐに来て欲しいとかそういう話かと思ったら、ただ『面接に来ませんか?』と聞かれているだけじゃないか」

 

 

それを聞いて テンショクはハッとしました。

スマホを受け取りメールの文面をよくよく読み返してみると、友人の言う通り「経歴に興味があるので話してみたい」と書いてあるだけでした

テンショクは、メールの題名に書いてあった「オファーが来た」と言う内容にばかり意識が行ってしまい、勝手に入社が約束されているような気になっていたのです。

 

 

f:id:snufchan:20170514182306p:plain

 

テンショクは、自分のマヌケさが恥ずかしくなり、ドヤ顔で友人にオファーを自慢していた5分前の自分をぶん殴りたい気持ちになりました

 

友人は、そんなテンショクに追い打ちをかけます

 

「それと落ち込んでいるところ悪いが、君がオファーをもらったこのシャイン通信って企業、営業ノルマがすごくきつくて、人の入れ替わりが激しいらしいぞ」

 

それを聞いてテンショクは、スマホでシャイン通信の評判を調べてみました。

決してブラック企業などではないようですが、1年間で入社した約7割が辞める競争と会社からの要求が激しい企業だということが、いろいろなサイトに書いてありました。

 

さらに友人は続けます。

 

「シャイン通信は人の入れ替わりが激しいから年中人材募集しているって聞いたな。君が朝から晩までバリバリ営業やって、ガンガン契約取って、ガツガツ昇進したいっていう考えであれば悪くない会社だと思うけど、そうじゃないならもっと慎重に考えたほうがいいんじゃないか」

 

力なくうなづくテンショクでしたが、友人はトドメのように言いました。

 

「もしかしたこの企業、君くらいの年齢のサイト登録者には、誰にでもオファーを出してるのかもしれないし、一件企業から声かけられたくらいで浮かれないほうがいいぞ」

 

 

f:id:snufchan:20170514185527p:plain

 

友人は明日早くから仕事があるということで、10時前には帰っていきました。

 

テンショクは飲み足りなさを感じていましたが、先ほど友人に指摘された件で、

 

 

f:id:snufchan:20170514192254p:plain

「第2形態のセルをボコボコにした後で、調子こいて完全体にしてしまったところ、逆にボコボコにされたベジータ」のようになっていましたので、おとなしく帰ることにしました。

  

f:id:snufchan:20170514201602p:plain

 

帰りの電車に揺られながら、テンショクはすっかり自信をなくしていました。

朝の清々しかった気分が嘘のようです

 

しばらく電車に乗っていると、落ち込んでいるテンショクのスマホにLINEの通知が届きました。

それは、先ほどまで飲んでいた友人からのもので、

 

・シャイン通信の件はもし検討するなら慎重に。

・真面目に転職考えてるなら、いくつかの転職サイトに登録してみるといい。

・求人もサイトによって違うみたいだし、合うものを見つけると良いと思う。

 

などといった、的確なアドバイスが書かれていました。 

 

 

f:id:snufchan:20170514192844p:plain

 

親身なアドバイスに胸が熱くなるテンショク。

友人のアドバイスを参考に、早速スマホで他の転職サイトにも目を通してみました。

いろいろなサイトを見てみると、テンショクはサイトによって特色があることに気づきました。

 

例えば、

 

①いろいろな業界の求人を満遍なく掲載しているサイト

②IT業界など特定の業界に特化した求人情報を掲載しているサイト

SNSのような企業の人事担当者とコミュニケーションが取れるサイト

 

などなどです。

 

テンショクが最初に登録をしたのは、①の様々な業界の求人を掲載しているタイプのサイトでした。

 

テンショクは、現在勤めているのは商社でしたので、もし同じ業界で探すのなら①のタイプだと思いいくつかのサイトに登録しました。

 

それから「IT業界」という、イケてる人たちが集まってそうな響きに惹かれ、②のタイプのIT業界に特化した求人サイトにも登録をしてみることにしました。

 

 

f:id:snufchan:20170514193120p:plain

 

IT業界で仕事をこなす自分を想像して、ニヤけるテンショク。

ジャケパンスタイルに、スタバでMacBook Airを開き、キャラメルマキアートを片手に、何やら難しそうな画面に文字を入力しているという、ステレオタイプのIT業界人を想像してカッコ良さを感じまくっていました。

 

f:id:snufchan:20170514194052p:plain

テンショクは急いで帰宅すると、ビックカメラのセールで買ったWindowsの15.6インチノートを開き、いくつかの転職サイトに自分の情報を登録しました。

 

自分の出身校や職務経歴、これまでに経験した業務内容や、自身の強みなどを、うんうんと唸りながら考えては入力しを繰り返し、やっと全てのサイトへの入力が完了した頃には、時刻は1時を過ぎていました。

 

 

f:id:snufchan:20170514193916p:plain

 

情報登録が済んだ後、テンショクは着替え忘れていたスーツから寝巻きに着替え、布団に潜り込みました。

昨日に続き、今日も布団に入るのが遅くなってしまいましたが、IT業界で調子をこいている自分を想像してアドレナリンが出たせいか不思議と疲れは残っていませんでした。

 

 

乗るしかない このビッグウェーブ

 

 

 テンショクは思いつきで呟いた後、若干スベった空気の中で眠りにつきました。

 

 

【→第3話へ続く】

 

 

第1話はこちらからどうぞ↓

snufchan.hatenablog.com

 

 

書いた人:snuf

f:id:snufchan:20161231235405j:image

Twitter@snuf_snuf_snuf 

【俺は若い子にもお金の知識が必要だって言いたかっただけなの!】ツイッターでバズったけど色々間違って拡散されちゃった話

f:id:snufchan:20170513200247p:plain

 

こんにちはスナフです

 

先日、ツイッターで何の気なしにしたツイートがめちゃくちゃバズりまして、現在も1時間に数百RTくらいのペースで絶賛拡散中でございます

 

拡散していただけるのはありがたいのですが、拡散された先で、割と自分の思惑とは違う捉え方をされているのを感じて、SNSの怖さを再認識しました

 

このまま拡散するに任せてほとぼりが冷めるのを待つのもいいのですが、ツイートした件については前々から一度描きたいと思っていたテーマに沿うものだったので、この機会にまとめてみようと思いました

 

題して

 

【俺は若い子にもお金の知識が必要だって言いたかっただけなの!】

 

です。

早速始めていきましょう。

 

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

 

■そもそもの発端

 

そもそもの発端となったのは、僕が一昨日(5/11)にこんなツイートをしたことでした 

 

 

 

 

はい、女子高生の会話におっさんが聞き耳立ててすいません

文字数の関係で省いている部分もありますが、概ねこのようなことを言っいたのを耳にしましたので、あんま意識せずにポンってツイートしたんですね

 

んで、これツイートした直後からちょこちょことRTしていただいたんですけど、RT数が伸びていくの見ながら、こんなこと思ったんです

 

 

「あっ、あかん!これだけ見るとわいが女子高生を一方的にdisっているように見えてしまう」

 

 

当然のことですが、この女子高生達がこんな発言をしたからと言って、世の中の高校生達のみんながみんな、こんな考えを持っているなんて思っていません

 

このツイートって、女子高生というか今の若い子たちをdisっているわけじゃなくて、

 

今の若い子たちには経済とかお金に対する考え方をもっと知る機会が必要なんじゃないか?という前々から思っていたことを、これを女子高生の会話を聞いて再認識した

 

という意図でツイートしたものだったんです

女子高生の会話はあくまでも「僕の中で考えのきっかけになったもの」でしかないんです

 

なので、この後にこんなツイートを続けました

 

 

 

 

当初のツイートは、別に女子高生たちが「ライブのチケット高いから無料でやれや」と言ったことに対して「この子たちのお金の感覚ヤバい」と言ったのではなく、

 

自分の好きなものにはお金を出すべきっていう基本的な考えを社会全体で改めて持つべきだよね。そのためにはもっと大人が若い子たちにお金の考え方とか経済についての知識を教えてあげないといけないと思う

 

というのが僕の考えだよ、っていうのを補足したんですね

 

ところが、大半の人はRTされてきたツイートの補足なんて見ない(所感だと3分の2は見ていなそうな印象)ので、案の定、

 

女子高生はネタで言っただけでしょ?マジになんなよとか

 

若い子馬鹿にして何が楽しいの?とか

 

今の若い子はほんとバカばっかとか

 

若い子の経済感覚がおかしくなっている!とか

 

実際にチケットは高いでしょ?音楽業界は反省しろ!

 

 

みたいな、僕からすると若干的外れなリプライや引用RTをたくさんいただきました

 ※実際にいただいたリプライなどからニュアンスだけを抽出したものです

 

ただ、この辺りはツイッターの140文字制限のために色々端折ってしまったのと、僕自身の文章力の無さのせいで、女子高生と若年層をdisったように見えてしまうツイートをしたことが原因だと反省しています

 

そのため、この点について不快な思いをされた方々にお詫び申し上げます

 

 

申し訳ありませんでした!!

 

 

ちゃんと謝れたのでちょっとスッキリしました

 

でも、僕は若年層をバカにするようなツイートをしたかったのではないというのは改めて言っておきます

 

というのも、僕は「最近の若者は〇〇」とか「若者の〇〇離れ」みたいな話がめちゃくちゃ嫌いで、どちらかというと

 

大人が若者のことをバカにしているのは、回り回って、子供たちを良い方向に導けていない大人たちの責任であり、ブーメランでしかない

 

という考えを持っているからです

なので、 僕は子供達の側に立ちたいと思っていることだけは何卒ご理解頂けますと幸いです

 

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

 

■せっかくだから僕の考えをまとめてみよう

 

上記のことを踏まえて、改めて僕の考えについてまとめたいと思います 

 

個人的には以前からずっと、「もっと若いうちにお金のことや経済について知る機会が増えてほしい」と思っていました

理由としては、若いうちから経済やお金のことについて知識があれば、世の中のたくさんのことが解決できるのではないかと考えているからです

 

 

順を追って説明していきましょう

 

 

■コンテンツにお金を使わない人々

現代って、周りに無料のコンテンツがめちゃくちゃ溢れてますよね

友達との連絡やコミュニケーションにはLINEとかTwitterがありますし、ゲームがしたければ無料のスマホゲームが溢れていますし、音楽や動画が見たければYouTubeニコニコ動画があります

 

一部例外もありますが、こういう「基本無料で利用できて、後から追加機能使いたかったり、キャラを楽に強くしたい人は課金してね」っていうビジネスモデルを「フリーミアム」なんて呼びますよね

僕は、最近流行りのこのビジネスモデルってわりと怖いものだと思ってるんです

 

というのも、フリーミアムのビジネスモデルって一部の熱烈なファンや重課金者が数%いるだけで意外と開発費や制作費をペイできたり、もっというと大儲けできちゃったりしますよね 

これって、お金のない人からすると、別に自分が金を出さなくてもコンテンツを楽しめてしまうし、提供する側はお金を出す人たちのためにコンテンツを作り続けるから、お金を使わなくても様々なコンテンツを無料で楽しめちゃうってことなんですよね

消費者にとっては一見するといいことばかりなんですけど、社会全体から見た時に「コンテンツにお金を払う人の母数が減る」って考えもできるんじゃないかと思います

 

実際リプライをくれた人たちの中にも、

 

音楽が無料で聴けるサービスがある時代に金を取るのはクソ

ネットの動画サイトで無料で見れるのだからDVDを買う必要はないでしょ

 

みたいな人たちが何人かいましたし「無料で提供されるものが良いものだ」みたいな、偏った考え方をしだす人も、既に一定数出てきているのだと思います

 

 

こう言った人たちの数は今後ますます増えるかもしれませんし、そうなった時に全然利益が上がらずに窮地に立たされてしまう業界や企業もあるかもしれません

 

ですので、その解決法をコンテンツの提供者達は今のうちから考えるべきだと思うのです

 

■コンテンツにお金を払う人を増やすには 

では、コンテンツにお金を使う人を増やすにはどうすればいいのか?と考えた時に、その解決策となると思っているのが先ほどから言っている、「若いうちからお金や経済について知る機会を増やす」ということです

 

「お金や経済について知る」というのは別に金儲けの方法を教えろ言っているのではありません

もっと基本的なことで、例えば一般的な企業の成り立ちや、サービス・コンテンツ・商品が開発され製造され消費者に届くまでの仕組みとそこに関わるお金の話

もっと身近なことで言えば家庭での収入・支出についてを教えるのも良いかもしれません

 

もちろん社会科の授業などで最低限のことは教わるかもしれませんが、社会に出てから役立つような「生きた経済の知識」というのは10代のうちにはあまり教わる機会はありませんよね

実際、大学で経済を専攻していた人や、自分で経済について勉強していた人などは別として、社会に出てから「会社が利益を上げる仕組み」や「経済の成り立ち」などを知ったという人も多いのではないでしょうか

 

正直、社会に出てからお金や経済について知るのでは、僕は「遅すぎる」と考えています

もっと若いうちから、お金や経済のことを「身近なもの」として知る土壌が、これからの若い人には必要だと思います

 

 

■お金や経済について知ると見えてくること

お金や経済のことを知ると、それまで見えていたものの違った一面が見えてきます

例えば、

 

・コンビニとスーパーで同じ商品を売っているのに価格が違うのはなぜか?

・スタバのコーヒーはドトールや他のコーヒーより高いのに行く人が多いのはなぜか?

・お母さんがお小遣いをケチるのはなぜか?

・世の中不況不況と言われているのに、なぜ政府は消費税を上げるのか?

 

などなど……

違った一面が見えてきたら、今度はその「なぜ?」を考えると思います

 

・コンビニは24時間営業していることが強みだし、店舗数が多いから滅多に安売りはしないけど、スーパーは限られた時間の中でいかに多くの人に買ってもらうかを意識しているから積極的に値下げをする

・スタバはコーヒーは高いけど店員の接客が良かったり、店内がオシャレだし禁煙だから落ち着いて過ごしたい人からの支持がある

・お母さんがお小遣いをケチるのは、僕の将来のために毎月貯金をしていて、そのほかにも食費や光熱費、保険料や家のローンなど、やりくりすることがたくさんあるから

少子高齢化高齢者が増えているから、社会保障財源確保のために色々な年代から安定して税収を確保するため

 

これらが実際に合っているかどうかは別として、若いうちからこういうことを意識的に考えるだけで、「値段だけでない商品・サービスの価値」が分かったり「どうしてこの値段なのか」という理由が理解できるだけでなく、社会全体の経済の動きにも目を向けるようになっていくと思います

 

 

■価値のあるものにはお金を払うという意識

昔保険のCMで「よく考えよう。お金は大事だよ」というフレーズが流行りましたが、「お金は大事」という部分を「お金を使わない、減らさないことが大事」というように捉えた方が僕の周りにはほとんどでした

 

今は「ものが売れない時代」なんて言われていますが、まさに上記のような「不景気だし何が起こるかわからないからお金を使わないで貯めておこう」という方が増えているように感じます

 

しかしながら「お金はなるべく使わない」「何でも安く済ませて貯蓄することが正しい」という考え方をする人が増えてしまうと、残念ながら世の中に回るお金の量が減ってしまい、結果景気は回復しません

 

もちろん、お金がないのに無理して使えと言いたいのではありません

僕が言いたいのは、「社会の一員として経済を回す」という意識を若いうちから持っていれば、大人になった時に、好きなことや自分が価値を感じるものにはちゃんとお金を使うようになり、結果として「社会に良いお金の流れができるのではないか」ということです

 

自分が価値を感じるものにお金を払う」ということは、逆にいうと「多くの人が価値を感じるもの」の元にお金が集まってくるということです

 

多くの人が価値を感じるもの」の元にお金が集まるということは、企業やコンテンツの提供者が、「多くの人に価値を感じてもらえるような商品やコンテンツを作り続ける必要がある」ということにつながります

 

 

■良い流れを若年層から作る

だいぶ長くなってしまいましたので、最後にざっくりと内容をまとめて終わりにしたいと思います

 

①若いうちからお金や経済について知識を得ることでモノの価値が理解でき、経済について意識するようになる

 

②正しくものの価値を理解し経済について意識することで、自分が価値を感じるものにお金を払うようになる

 

③価値のあるものしか売れないので、提供する側も価値のあるものを作り続ける

 

④商品・サービス・コンテンツの価値を理解している消費者と、価値のあるものを届けようと努力する企業や提供者が増える

 

 ※「いいものを作ってもモノは売れない」というマーケティング的な考えもありますが、そこの部分は含めていないのでご了承ください

 

という感じでしょうか

若年層からお金や経済の知識をつけて、モノの価値を理解してもらい、時間をかけて良い流れを作っていくのが良いのではないかなという意見でございました

 

もちろん、こんなに上手くとは思っておりませんし、これが正しい考えだとは全く思っておりません

 

しかし、今回の件で1万人以上が件のツイートをRTしてくれ、100万以上の反応があったということは、少なからずみなさんの中にも、「無料で色んなものが手に入る時代に、コンテンツにお金を払うかどうか」という問題に対して、思うところが合ったからではないかと思います

 

僕個人としてはせっかく起きた流れを、このツイートだけで終わらせてしまってはもったいないと思い、ブログを書いた次第です

 

是非これをきっかけに、この問題についての活発な意見交換や解決策の提示というものが、業界内だけでなく、社会を巻き込む形で起こることを期待しております

 

 

 +++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

 

 ■終わりに

最後までお読みいただいた方、ありがとうございました

 

今回は「若年層に向けて」という部分を大きく取り上げましたが、大人でもモノの価値を正しく理解していない人は多いかと思いますので、これを機会にというわけではありませんが「自分は正しくモノの価値を認識できているだろうか」ということを考える機会になれば幸いです

 

また、上記は消費者側のみに立った意見でもありますが、業界側でも「モノの価値を正しく認識してもらう」ための消費者への働きかけというのは、今後必要になってくるのではないかと思っております

若輩者のまとまりのない意見で恐縮ですが、是非一度「消費者へ提供している商品やサービスの価値が正しく理解されているか」 というものを意識してみていただけると幸いです

 

 

最後に、若い人たちへ

 

なんで30過ぎのおっさんが、こんな一生懸命君たちにお金や経済たちのことを知って欲しいってことを書いているかというと、これらの知識は君たちがこれから生きていく上で大きな武器になるからです

 

若いうちにお金や経済についての知識があれば、毎日通うコンビニで売っている商品の値段や、大好きなアーティストがイカした曲を自分たちに聴かせてくれる仕組み、お父さんが遅くまで一生懸命働いて君たち家族を養う理由など、普段の何気ないことをいつもと違った面から見ることができます

 

違った面から見れるということは、それまで見えていなかった「世の中のヒント」が身近なところでそこら中に落ちていることに気づけるということです

大人たちが社会に入って経験してやっと見えてきた「世の中のヒント」を、君たちは子供のうちから見つけることができる可能性があるということです

 

「世の中のヒント」が見えれば、例えば君が片親でお金のない家庭に育ち、高校にも満足に通えないような状態だとしても、「世の中のヒント」の使い方次第で、お金を稼ぐことが出来るかもしれません

自分が解決したいと思っているけど、どうしようもなかった問題を解決できるようになるかもしれません

お金や経済のことを勉強して得られる「世の中のヒント」には無限の可能性が秘められていて、それらを見つけられるか、そしてどう使うかは君たち次第です

 

今後、教育の中にお金や経済の知識が導入されるかどうかはわかりませんが、機会があれば是非、お金と経済について調べて見てほしいです

 

 

※追伸 

僕は経済学者でもなんでもありませんので、専門家からしたら、大変マヌケなことを言ってるかも知れません

でも正直マヌケなことを言っているのであればそれでいいと思います

 

このブログを読んだ方が「お前の意見はマヌケなものだ」と言って意見をくださったら、それは大変ありがたいことです

しかし、出来ればその意見は単なる批判や揚げ足取りでは無く、建設的というか何かしら世の中が前進するような意見をいただけますでしょうか

 

僕は本当に真面目にこの問題に向き合っていきたいと考えています

 

批判は受け入れますが、人格攻撃などでは無く、何が悪いのか、そしてどうすれば良くなるのかという具体的なご意見をお待ちしております

 

 

それではまた