スナフちゃんブログ

おもしろくわかりやすくてきとうなおはなしを心がけています

人間性がペラペラな僕がネットに生息する「インターネットペラペラマン」の生態に迫ってみた話

こんにちはスナフです。
最近年のせいか、寒さとディズニー好き女子が苦手です。「うち、ディズニー通いすぎてシンデレラ城別荘みたいなもんだからw」なんて言われた日には「現実にブロック機能があればな」と考えてしまいます。
 
 
さて、皆さんは「インターネットペラペラマン」という言葉をご存知でしょうか。恐らくほぼ全員が知らないと答えるでしょう。
なぜならさっき僕が都営新宿線に乗ってて思いついた言葉だからです。ちなみにペラペラは「薄っぺらい」のペラペラです。
僕は最近この「インターネットペラペラマン(以下ネッペラ)」が非常にネット上に増えてきていると感じています。
そしてネッペラが増えてきていることにある種の危機感を感じています。
「ネッペラ」とは一体どんな生き物なのか?早速その生態に迫っていきましょう。
 

【ネッペラとはこんな生き物だ】

 
学名:インターネットペラペラマン(通称ネッペラ)
生存地域:ツイッターフェイスブック・その他情報サイトのコメント欄など
備考:2ちゃんねらーを下に見ている
 
 
 
特徴① 無駄に好奇心が旺盛
 
f:id:snufchan:20160120210236j:image
【好奇心が旺盛過ぎてカメラに撮られに来たけど上手く笑えないハイエナのタカシくん】
 
ネッペラは好奇心が旺盛で新しい話題が大大大好きです。
たくさんのサイトをブックマークしており、SNSやキュレ―ションアプリなどのチェックもかかしません。
面白そうな話題には、よく知らなくてもとにかく食らい付きますが、ノリで食いついただけなので、ひと噛みしたらもう満足して次の話題へと移ります。熱を失うのは金属より早いです。
 
 
 
特徴② 無駄に質の低い情報を集めるのが得意
 
f:id:snufchan:20160120210449j:image
NAVERまとめでの情報集めに余念の無いサルのトシオくん】
 
ネッペラが情報を得るのは基本ネットからのみです。しかも集めた情報を吟味して深く知ることなどは面倒なのでしません。
口癖は 「ソース?そんなことよりLINEやってる?」
「物事の本質?そんなことよりクンニさせてよ?」です。
情報集めごときに労力を使うのは時間の無駄と思っており、いかに楽してそれっぽい情報得られるかが大事だと考えています。もちろん多角的に物事を見れないので得た情報の大半は中身の無いスカスカなものです。
 
 
 
特徴③ 無駄に分かってる感を出したがる
 
f:id:snufchan:20160120210756j:image
手塚治虫ブッダを読んでついつい悟りを開いてしまったアシカのメグミさん】
 
ネッペラはネットで得た上辺だけの知識を元に、毎日のように薄っぺらな持論を展開しています。
物事を間違って理解してても、間違った情報を発信しちゃってもそんなことは気にしません。なぜならネッペラだから。
『「自分の考え」を持っている俺めちゃんこかっこいいwwww』が行動の指針となっています。
 
 
 
いかがでしょうか。
ネッペラの生態がなんとなくお分かりいただけたでしょうか。
さてこの「ネッペラ」は一見ただのバカっぽくて愛らしい生き物に見えますが、
ネット上では非常に嫌われているようです。
なぜ「ネッペラ」は嫌われるのでしょうか?
次のはその理由に迫りたいと思います。
 
 
 

【ネッペラが嫌われる理由】

 
理由① 基本的にミーハー
 
f:id:snufchan:20160120211133j:image
【友人に「存在自体がミーハー」と言われて落ち込むティーカッププードルのアケミさん】
 
ネッペラは基本的にどミーハーです。
ミーハーなので好きでもないのに好奇心だけで首を突っ込んで場を荒らしたりするのが得意です。 また、子供用プールくらい思慮が浅いため、場に似つかわしくない空気が読めない発言を頻繁にします。
 
例としては著名人、例えば作家さん等が亡くなると、ツイッターなどで、
 
「〇〇氏が亡くなったのか……氏の本には俺もちょっと影響を受けたんだよなぁ。彼を喪うのは日本の文学界にとって大変な損失だと思う。夢を与えてくださってありがとうございました。ご冥福をお祈りいたします。」
 
いかがでしょう?
おそらく1冊くらいしか作品を読んでいないし、人物についてもWikipediaで調べた程度しか知らなそうにも関わらず、さも以前からファンだったかのように具体性も何もない浅いコメントをしているというのが一目で分かりますね。
ファンや関係者からしたら「お前何様やねん」感が半端ないですが、本人は周りに「分かっている感」をアピールできたことで悦に入っています。
ネット上で上記のようなツイートやコメントを見かけたらそっと見守りつつ、
ブロンズネッペラ」として敬遠するようにしましょう。
 
 
 
理由② 視野が狭い
 
f:id:snufchan:20160120211457j:image
【「もう俺にはお前しか見えねえよ」が口説き文句のライオンのアツシくん】
 
インターネットペラペラマンは視野が狭いです。ジェットスターの座席よりも狭いです。
何か気になることがあると、積極的に調べるのですが、情報の集め方が下手なこ
とと、極端に視野が狭いため、情報の精査などは特にせずに耳触りの良い情報だけを集めてきます
また、非常にタチが悪いのが、「自分に都合の良さそうな情報」ばかりを集め、
それが正しいことだと思い込み、知識を得た気になってしまうところです。
 
例えば、キュレ―ションサイトなどで発信されている眉唾な情報を見て、
 
「男ってルックスに関わらず女性を性的な目で見てるんだって。しかも男性の大体80%には女性をレイプしたいって願望が本能的に備わってるらしい。なんかアメリカの学者がどっかの学会で発表してたってMERYで読んだよ。そういえば今日も電車で前に立ってたおっさんが私の事いやらしい目で見てた気がす る……男ってみんな体目当てなのかな?男性不信になっちゃいそうだよ!(><)」
 
いかがでしょう?
ソースがどこかも良くわかっていない情報を信じ込んで、まるで「これが真実だ」と言わんばかりに、自分のどうでもよいコメントを添えてブログなどで発信するのです。一昔前でしたら「風説の流布」で逮捕されてもおかしくないレベルですね。
 
ネット上で上記のような人物を見かけたら、「シルバーネッペラ」として認定し、なるべくSNSなどではブロックすることを心がけま しょう。
 
 
 
理由③ 無駄に正義感が強い
 
f:id:snufchan:20160120211948j:image
【その正義感の強さ故に友を傷つけた過去を持ち、自らに戒めの拘束具を課すネコのアンドリューくん】
 
ネッペラは時に尋常ではない正義感を発揮します。
その正義感は物理的に反撃を受けることが無いネット上で、特に発揮されるようで、一説ではデスノート夜神月(ライト) 君をも凌ぐとも言われています。
 
西に面白くないことをテレビで言う芸人あれば、ツイッターで人格否定をするようなリプライを送り、東に失言をした政治家あれば、フェイスブックニコニコ動画あたりで拡散し炎上を促します。
とにかく自らが「悪」」と認定したものを駆逐せずにいられないのです。
 
例として年始早々不倫がばれたベ〇キーさんのツイッターのリプライ欄を見てみ
ましょう。
 
f:id:snufchan:20160120212238p:image
f:id:snufchan:20160120212300p:image
f:id:snufchan:20160120212317p:image
f:id:snufchan:20160120212332p:image
 
※見れない場合はお手数ですがベッキーさんのツイッターアカウントにてお確かめください。
 
いかがでしょうか。
煽るようなリプライを送る人・ファンでもないのになぜか応援する人・糾弾する人・糾弾する人をさらに糾弾する人……などなど多種多様なコメントが見られますね。自然界の生物多様性もびっくりです。
ベッキーさんもこの素晴らしいリプライ欄を見たらきっと「不倫なんて二度としない絶対に」と心を入れ替えてくれることでしょう。
ちなみに上記のようなツイートやコメントをするような人は確実に「ゴールドネッペラ」です。その小宇宙(コスモ)に満ちたコメントは、ネットという名の銀河を粉々に打ち砕くことでしょう。
当然、一歩間違えればあなたが彼らの正義感の歯牙に掛けられる可能性もありますので、見かけたら即座にSNSのアカウントを消してパソコンとスマートフォンを叩き壊すことを おすすめします。
 
 
 
というわけで「インターネットペラペラマン」こと通称ネッペラの生態に迫ってまいりましたがいかがでしたでしょうか。
「もしかしたら私ネッペラかも……!?」と不安に思った方は、まだ間に合いますので、今すぐインターネットを閉じて剃り落とした片眉が生えそろうまで山に篭りましょう。
逆に「俺の周りにこういうやついるなぁ」と思った方は、悪いことは言いませんので下手に指摘などせず、本人が気づくまでそっと見守ってあげましょう。
下手に親切心を発揮してアドバイスなど送ると、あなた自身が「ネッペラ」になりかねませんのでご注意を。 
 
最後に、これを読んで「お前こそ分かったような口きいてんじゃねえよ」と思われた方。
僕自身「ペーパーマリオ」くらいペラペラな人間なので、自身もネッペラに陥らないための戒めの意味も込めて書きました。どうぞお許しください。
 
そんな感じで、これを読んでくれた方が「ネッペラ」を華麗に避けて楽しいインターネットライフを送れることを願っております。
 
それではまた。